Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成

渡辺一正氏「再起する脳」 [お勧め本]


再起する脳 脳梗塞が改善した日

再起する脳 脳梗塞が改善した日

  • 作者: 渡辺 一正
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎ルネッサンス
  • 発売日: 2010/05/25
  • メディア: 単行本
  • それでは我ら同病を代表して渡辺一正氏「再起する脳」をご紹介します。
  • 既にこの本を手に取られた方も多いと思いますが、同病者にとりまして簡便にベーシックな知識を手に入れるのに有用な本だと思います。

  • 参考文献からも明らかなように偏らない幅広い知識を習得されており、わたしもずいぶん勉強させていただきました。初版は2010年5月、ちょうど私が倒れた月です。
  • 今では当たり前のことも、この本が書かれた時は、今の様にインターネット上の知識の蓄積も少なく、簡便に多くの知識を獲得できる時代ではなっかたと思います。私も”片麻痺 痛み”などと検索しても殆どヒットせず困惑したのを覚えてます。コツコツ本を読まれてた渡辺さんの努力に本当に頭が下がります。
  • それでは、渡辺さんに最大限の敬意を払いつつ。私の読書ノートから内容をご紹介いたします。

  • ★脳はダメージを受けた細胞が使えないので回路の選択肢が減って直線的なつながり方になってしまい感情表現がストレートになる。怒りっぽく涙もろく思考回路が単線になるのは、すべて後遺症の一種だ。

  • ★垂直軸認知障害
  • 垂直と感じる軸が左右どちらかに傾いてしまって(マヒ側)この傾いた軸に体を合わせようとため転倒してしまう。

  • ★自己流に歩く

  • 自己流に歩く訓練ばかりやっていると伸筋系ばかり強くなって屈筋系の回復が邪魔され足が突っ張て膝が曲がらなくなるということが起こる。足を前にだそうにも膝が曲がらず棒のような足のままで腰をひねって足を前に出すという非常にこわばった歩き方になる。

  • ☆他力本願でなく自分のことは自分で考えて実践しなければ、長続きしない。

  • 渡辺さんのこの本には、バイブルとされていた『松村和子先生の「動きづくりのリハビリテーションマニュアル』からも多く引用されています。私のお勧め本にも松村先生のこの本の内容を記していますのでよかったら併せて読んでみてください。




恐縮ですが下の にほんブログ村 の文字をぽっちと・クリック下されば励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました