Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

葬式当日(1) [片麻痺の喪主]

dd3a5e3c64f14482949b69c75ec8e4a2_s.jpg


次の日の、葬儀会場への出棺の時には 、家族葬ということで葬儀に 参列しない人たちが自宅前に数多く見送りに来てくれました。


 


その人たちに対して喪主として挨拶しておく必要があります。杖をついて、妻に支えられ霊柩車の前で何とか挨拶を済ますことができました。


 


 それから霊柩車に乗って式場への移動です。 式場でも 早速 打ち合わせがありました。


生前の父親の事を詳しく聞きたいと司会をしてくれる方に言われ、 共にお喋りな姉と女房が父のことを話し始めたのですが、終いには二人で父の悪口をペラペラ。司会者の方は苦笑い、私は大笑いでした。全く困った姉と女房です(笑)。


 


【式当日のスケジュールです。写真クリックして拡大してご覧ください】


 suke-120170720_112243 (3).jpg


当日のスケジュールです。葬式場から火葬場、さらに式場に戻り初七日の法要、精進上げの会食と盛りだくさんのスケジュールです。


 


 


それじゃ~また。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

キャスター付き台を利用する(1) [片手で使う道具]

ls-DSC04109.jpg



片麻痺障害者にとって、普段使う文具や道具などを近くに置いておくことは大切なことです。

家の中見てみると、キャスター付きの台というのが、ちらほらあまり使われずに転がっています。

ls-DSC04107.jpg

これをいろいろ利用しています。これは、廊下の書斎の横に置いています。キャスター付き引き出を利用して、そ上にもう一つ書類ケース置いて、文具や道具(ペン、コード、ドライバー等)を治めています。整理台を2台重ね高さを出し、一番上に本箱の仕切り板を置いて、ここに本を置いたり、メモを書いたりしています。右腕を置くのにもちょうどいいのです。


女房は最近イヤな夢を見るそうです。それによると、ついに私がお風呂場にソファーを持ち込んだそうです(笑)

いくら何でもそこまではやらんで~。


 それじゃ~また。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

脳血管性うつ病について(6) 遂行機能とは [脳血管性うつ病]

 


3.遂行機能の障害とその評価


 


 今回から「3.遂行機能の障害とその評価」という話です。


 


前回は脳血管性うつ病の症状を取り上げ、「 認知機能障害、中でも遂行機能障害が認められることが多い」ことが示されましたが、今回は、その遂行機能についてのお話です。


 P_20170807_204556.jpg


■□■□■□■□


 


遂行機能とは


 


 遂行機能とは目的のある一連の行動を有効に行うために必要な計画実行自己監視能力などを含む複雑な認知機能と考えられています


 


脳血管性うつ病では脳血管性の認知症の状態には至っていない軽度の記憶力判断力の障害が併存する場合がありそれを認知機能障害と言います


 


脳血管性うつ病の認知機能障害の特徴は注意力記憶力遂行機能の障害が多いとされています


 


では、その中の、遂行機能障害とはどんな障害でしょうか


 それは、目的のある一連の行動を有効に行うために必要な計画実行自己監視能力などを含む複雑な認知機能に障害がある状態と考えられます


 


これは、脳の器質的な障害特に前頭葉の障害などによって生じるとされています


 


 


■□■□■□■□


 多少ややこしいですが、様は上記のような様々な軽度の認知障害があると考えておけばいいと思います。


 


所で、私が前に記事にしたつきまとい男」の方は、脳血管性うつ病で、軽度の記憶力判断力の障害が併存する認知機能障害であった様に思われます。


 


それじゃ~また。


 


 


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

リラクセーション(3)柔軟な自体軸(自分の体の軸)で緊張を弛める [室内自主リハビリ]

0204373f1e1e6d8b1102a07298677a0e_s.jpg


 


 


これまで、緊張のある所を緩めるための方法を述べてきました。ここではそうした弛める方でなくむしろ必要な緊張することによって、無用・有害な緊張を弛める方法を取り上げていきます。


 


体ののある部分がまっすぐの線から逸脱して、屈曲していたり、 前・後の傾 が著しい様の場合は、そこに通しても余計な緊張が入りやすく姿勢を維持するために余計な力を入れなければなりません。 と言うよりむしろ肩、背中、腰などに余計な緊張が入るためその結果として姿勢が屈曲してしまうのです。


 


 この自体軸が曲がったり、捻じれたりしたままだと無駄な力、不当な緊張があるために、目指す動きを妨げられたり、無理な力や緊張を要することになります。


 


自体軸をタテ直に立てる努力が基本となります。


 



リラクセーション―緊張を自分で弛める法 (ブルーバックス)

リラクセーション―緊張を自分で弛める法 (ブルーバックス)

  • 作者: 成瀬 悟策
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/06/20
  • メディア: 新書



----------------------------------------


 要は、体を弛めるためには、体をまっすぐ立てるということが、重要と言うことですね。


 


それじゃ~また。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

笑顔のランキング [日本ランキング正常化委員会]

5ac63a5f7b26a139a4d4ba5e589dfdf5_s.jpg


許さないぞ!自作自演の投票


見逃さないぞ!裏技投票


ほどほどにしときやお仲間投票


かんにんしてや!ほめ殺し投票


不正をなくし笑顔のランキング



日本ランキング正常化委員会



それじゃ~また


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -