Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

トンネル内は出口しか見えていない!視野の狭いトンネルビジョン [メガネサルのお気をつけあそばせ]

 s-DSC03750 (3).jpg
ある日、散歩していると、突然声をかけられました「頑張ってますねえ」 珍しい声かけだったので立ち止まってみると 杖を手に持った70代と思しき男性が立っていました。

「私も以前脳梗塞で倒れましてね、まあ1ヶ月ほど入院しました」とのことでした。
このsさんは、自動車関連の大手企業に勤め、中国の工場へ現地指導にいった帰りの空港で倒れたとのことでした。

それから度々話をするようになったのですが、このsさん、退院後3年で趣味の単車に乗ったというのです。今なら奇跡の回復と言われそうな話です。

このsさんの私へのアドバイスはこうです。
「毎日克明なリハビリ日誌をつけなさい。わたしは診察の度にそれを医者に見せていた」、つまりそれをやれば自分と同じように回復すると言いたいようなのです。

sさんは大手企業で工場のファクトリーオートメーション(工場における生産工程の自動化を図るシステムのこと「FA」と呼ばれる)の専門家らしく工学系の知的な方です。

そのsさんでさえこんな認識なのです。後遺症が軽く、この病気を深く知る必要がなかったからだと言ってしまえばそれまでですが、これは典型的なトンネルビジョンだと思います。出口のかすかな明かりが見えているだけで、周りが全然見えてない状態をトンネルビジョンといいます。要は自分の周り5mしか見えていないのです。
 
良い意味では、一点だけに集中できている効果を指しますが。いずれにしても視野が極度に狭いわけです。またトンネルビジョンに陥っている人の特徴は「後付けする(後知恵バイアス)」ことです。現在から過去を振り返って、過去の自分の判断が、いかに正しかったかを後付けで主張します。ようするに年寄りの自慢話ですね。あたかも当初から地震を予測していたかのように言い始める学者もこれにあたります。

トンネルビジョンの状態に至らないために、わざわざ反対意見も探しだしてきて、並べて検討するわけです。盲目的なひとは失敗する人の典型だからです。「後付け」に陥らないために、判断の記録もきっちり残し、後日その判断が適正だったかどうかを検討します。判断力が向上しなければ、後々大けがすることになるからです。
 

「運動機能の回復が早い」だから「私のリハビリは正しい」、さらに「自分は正しかった。頭がいい」とまで鼻高々になっている御仁がブログ村にもおられますが、自分がトンネルビジョンの状態だと気がついていにいないのです。ひょっとしてこれも後遺症なのでしょうか。
 
まあ考えの視野が狭くなっている、発想が貧弱なっていることは、私も退院してすぐに気が付きました。日常は問題なく過ごせるレベルかもしれませんが、プロとして仕事するには厳しいだろうなあと自覚しました。私は、今も自分の「脳」に自信がありません。それで、ブログを書いて毎日、自分の脳を点検しているようなところがあります。

御同病の皆さんトンネルビジョンに「お気をつけあそばせ」です。


それじゃ~また。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ブログ村記事めぐり始めます [ブログ村記事めぐり]

 1dd24f812d9154cac39f6c14dbde3435_t.jpeg

 

いよいよ「ブログ村記事めぐり」を始めるに当たって、いくつか事前にお断りしておきたいのです。


(1)まず、私的評価方法なのですが、何度も申し上げている通り下記の式です。


記事の価値=テーマ選定×知識×経験×表現力

 

当初は各要素を5段階で評価し、私的なランキング表を作るつもりでした。

ところが、現ブログ村ランキング上位者は、私の評価では、この要素の一つで0点が入る。すると総合0点、すなわち価値ゼロ。これではあまりにも醜い、当然0点の理由も、ちゃんと説明しなければなりませんが、これがむなしい労力。また、好きな記事でも、実際の私の感覚よりより大きな差が付くことが起こりそうです。そこで公表する評価は×△〇◎の4段階とします。


例えばこんな感じです

◇テーマ・・

◇知識・・・

◇経験・・・

◇表現力・・

 

(2)記事を取り上げさせていただくにあたって

これは、私の独断と偏見、気まぐれで記事を選びます。しかも事前の断り一切なし。大変失礼かとも思いますが、何卒ご容赦を。もし「取り上げ方が、気に食わない」とお思いの方、コメント欄かブログ右下の連絡欄で抗議してください。 

 

 

(3)あだ名

それともう一つ。私は子供のころから人にあだ名をつけるのが大好き、もはや趣味の領域です。

実際今も、妻、子供、友人すべてあだ名で呼んでいます。

長らく体育会系でしたから、さすがに先輩にあだ名をつけることはありませんが・・。


私、ブログ内でも盛んにあだ名をつけていると思います。アメリカン・ジョーク先生、イノシシ先生、半金屋、スポーツメガネなどなどです。あらためて列挙すると、あんまりうまくないなあ~(苦笑)


それで、皆さんにもあだ名をつけることがあると思います。「ブログで立派な(?)呼び名がつけてあるのに、あだ名かよ!」と怒らないで、これ私の趣味なのです。寛大なお気持ちで許してください。お願いします。


もちろん抗議は自由です。「この野郎、ふざけるな!」と思われたらコメント等でどんどん抗議してください。


それじゃ~次回からいよいよ記事めぐり開始です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

吠えの成果(その2)修理するより切り倒してしまえ! [メガネサルの吠え吠え記]

 

01620684d6f75108cb4c386c9c1e5d99_s.jpg

「トイレ注進」以降、私は「公園の口うるさいおやじ」に認定されているのでしょうか、時々出会う市役所の施設担当らしい人とも挨拶交わしたり、時に立ち話までするようになりました。


そんな立ち話の中で、一つ成果らしきことがありました。それは大時計です。鉄柱の先に大時計が公園の方向いて取り付けてあるのですが、これが何年も動いていない。これは修理しようと道具を使っている人ときどき見かけました。しかし結局は動きません。


「もう修理あきらめて目障りな鉄柱切り倒したらどうや!時計なんか、きょうび安いものいくらでもあるやん。それを体育館の外壁に貼り付けといたらええやん!」と半ば冗談めかして言ったのです。


それから1週間後、何とその通り鉄柱が切り倒されています。これには私の方が驚きました。まさかホンマにやってしまうなんて!わしゃ知らんで~。

さらに体育館の外壁には、ホンマに安っぽそうな時計までがかけられています。


でもこれで公園から時間を確認するという機能は立派に果たせています。まあこれも「吠え」の数少ない成果でしょうか。そう自己満足しておきます。


所で、何か問題があるとすぐ議員さんに訴える人います。これは国、地方問いません。すぐ、議員さん!議員さんと!とうろうろする。


私は、これが大嫌いです。議員さんも好きではありません。「政治が庶民の味方することはあり得ない。それは歴史が証明している」とずーと思ってきました。だからこれからも自力で「吠え」ます。


じゃ~また

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

クッション自作しました [片手で使う道具]

s-DSC04054 (2).jpg
 
拘縮防止のため色々クッション自作しました。
 
その際、便利なのが、100円ショップで売っている、ゴムバンド(写真手前)です。これがあれば片手でクッションを作ることが出来ます(口でゴムの端引っ張りながら)。
 
中に大きさ調整のためスポンジもいろいろ入れました。食器洗い用のスポンジなどです。 

中が開いて空洞のクッション(写真真ん中)。長嶋巨人軍永久名誉監督が、マヒした上肢に空気を入れた空洞の棒状のもの(水泳で使う腕浮き輪の長いもの)をはめて腕を伸ばしている写真を見たことがあります。
 
それでこれ作ってみました。まあ遊びです(笑)。実際やってみると中々手を入れるのが難しいです。逆方向から麻痺していない腕を差し込んで麻痺側の手首をつかみ入れています。ただ、強引にやるのはご法度ですね。効果は始めたばかりで、わかりません(笑)

長嶋さんあの腕輪、今はどうされているのでしょう。
 
それじゃ~また。 

タグ:片麻痺用具
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

あれれ~??筋肉がなくなっている! [メガネサルの吠え吠え記]

 

1cc63c35c28dc444ef9c4eb864913f70_s.jpg

脳卒中で倒れた当時の私は固太りのデブでした。身長172cm、体重は確か78kgでした。ウエストは86cmビール腹です。


ただ、小学3年から高校3年まで10年、勉強もせず、ただひたすらスポーツに呆けた結果、下半身にはほれぼれする程の筋肉がついていました(自惚れ)


回復期病棟での食事は当初1日1400カロリーだったのです。入院2か月も過ぎると、リハビリも、午前中2時間、午後3時間くらいこなせるようになりました。ホンマにお腹空きました。体重は63kgまで急激に落ちてきた。お腹が空いて眠られず、ついにライ麦パンを女房に買ってきてもらい、こっそりを食べていました。


ある日病棟で、糖尿病教室のポスターを見つけました。私はこれだと思い参加してみることにしました。

そこで先生に質問しました。「私の場合、今1日どの程度の摂取カロリーが適切なんでしょうか?」医者の答えは「2000カロリーまでは全然OK」でした。


私は自分の病棟に戻ってすぐにナースステーションでこの話をしました。それで、結局翌日から1800カロリーまで増量されました。


そんな中、初めて外泊許可が出ました。私は、家で風呂の鏡見て仰天しました。麻痺側のお尻、太もも、ふくらはぎにかけて筋肉がごっそりそげ落ちているのです。私は、こんな自分の醜い姿生まれて初めて目にしました(顔は時々目にしていましたが)。

 

糖尿病の医者が2000カロリーまでOKと言っているのに、体重も大きく落ちているのに、なぜ筋肉がこそげ落ちるまで低カロリーの食事を続けなければならなかったのか?筋力付けるようなリハビリを毎日5時間しているのに・・。筋肉が落ちるのは片麻痺障害では仕方ないのか、それにしても醜い。


私が抗議しなければ、このまま改善されず、さらに多くの筋肉を失っていたのではないか?筋肉だけは簡単には付きません。私も10年かけているのです。

私は激しい怒りを感じました。「責任者出てこい!俺の筋肉返しあがれ!」しかし看護師はきょとんとしているばかり。


病院は患者の食事の管理を本当にしているのでしょうか、体重の定期測定のほか、風呂にも入れているのだから私の体の変化はわかっているはずです。


しかし病院いうところは何ちゅうとこですか!食い物と筋肉の恨みは、私一生忘れません。

 

それじゃ~また 。


タグ:入院記
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -